便利なソフトウェア、ウェブサービスなどを紹介しているブログです。

GIMP2の「前景抽出選択」がすごい件について。

Flame of Heavens HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ソフトマメ知識 > GIMP2の「前景抽出選択」がすごい件について。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

GIMP2の「前景抽出選択」がすごい件について。 

フォトショップ並の性能を誇る画像編集ソフトGIMPですが、その機能の一つ「前景抽出選択」がすごいので紹介します。

どんな機能かというと、切り取りたい場所(キャラクターだけとか)を簡単な作業で自動的に選択することができます。

キャラクターだけ切り抜きぬくことが簡単にできるってことです。

以下、続きから。




【使用方法】
GIMPを起動し、画像の場所にある「前景抽出選択」をクリックします。
ツールボックス

そして、切り抜きたいモノのまわりをおおまかになぞります。

5.jpg
なぞって囲み終わってからダブルクリックすると、切り抜かないだいたいの場所が青で表示されます。

この画像の場合、ハヤテだけを切り抜きたいのでハヤテの輪郭をおおまかになぞっています。


次に切り抜きたい対象物(ハヤテ)の内側をできる限り塗りつぶします。これもおおまかでOK。

おおまかに塗りつぶしてからクリックを離すと自動で対象物を選択してくれます。

それがこんなかんじ。

fdesf.jpg

見事にハヤテだけを切り取ることに成功しました。

この青い状態では選択されてことにはなってないので「Ente」キーを押すと選択してくれます。

本来は地道に輪郭をマウスでなぞってでしかできなかったこの作業もGIMPなら簡単に自動でできます。

しかし、すごい技術ですね。背景がもっと複雑なモノでもきれいに対象物だけを選択してくれます。

某掲示板サイトのコラ職人もこんな感じでコラを作ってるのかな。

自分も作ってみようかな・・・。

【豆知識】
自動選択されても対象物に青い部分がある場合、追加でなぞればちゃんと選択範囲に指定されます。対象物以外のモノが選択されてしまっている場合、「Ctrl」キーを押しながらクリックすれば除外されます。

当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[タグ] マメ情報
[ 2009/03/29 19:07 ] ソフトマメ知識 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。