便利なソフトウェア、ウェブサービスなどを紹介しているブログです。

PCゲームのフレームレートが高くてもカクつく症状を改善するためにやった4つの対処方法

Flame of Heavens HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 不具合解決 > PCゲームのフレームレートが高くてもカクつく症状を改善するためにやった4つの対処方法

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

PCゲームのフレームレートが高くてもカクつく症状を改善するためにやった4つの対処方法 

E146_sarari-mangata_thumb_thumb[1]

 

 

  フレームレートが60近く出てるのにゲームがカクつく、たまにすごく下がる。

  カクついたせいでキルされて言葉で表せない憤りを感じる。

 

  解決する方法を模索してみたので、今後の自分用も兼ねてまとめてみました。

  主にNVIDIA製のグラフィックボードを使用している人向けの内容です。

 

 

 



 

 

Game Boosterで不要な常駐ソフトを停止

 

バックグラウンドで動作しているソフトが影響しているかもしれません。

 

ゲームを起動するたびに一つ一つ停止するのは面倒なので、

動作しているゲームに関係ないソフトを一括終了できる「Game Booster」を利用します。

 

Game-Booster_thumb11_thumb[1]                                                                                                                                                        

   Game Booster –ダウンロード-

 

注意は必要なソフトを停止させないようきちんと設定を確認しておくことです。

ゲーム中間違いなく使わない、どういうソフトか知っているといったものだけを終了させたほうが無難です。

 

 

セキュリティソフトで除外設定をする

 

セキュリティソフトがなんかの干渉を行なっているかもしれません。

もしくは、バックグラウンドでセキュリティソフトがスキャンなどを行なっている可能性も。

 

どのセキュリティソフトにも「ゲームモード」といった、ゲームを邪魔しないようにできる設定があります。

この設定がオンになっているか確認します。

 

 

セキュリティソフトの設定から該当ゲームを除外することで、ゲームの動作を監視させなくする方法もあります。

 

Kaspersky_thumb8_thumb[1]

 

Kasperskyの場合、設定内の「検知する脅威と信頼リスト」内の「信頼リスト」から特定のソフトを除外可能です。

 

オンラインゲームなどの場合、通信をセキュリティソフトが監視しているために何かしらの不具合を起こすことがあります。

除外設定を行えば、セキュリティソフトはそのソフトに対して一切監視を行わなくなります。

 

私の場合、極端に起動が遅い、かなりの確率で起動しない等の症状があったオンラインゲームが、

除外設定を行っただけで改善したことがあります。

 

除外を行うのはあくまで自己責任で。

 

 

グラフィックボードのドライバのバグを修正する

 

ゲームのカクつきとは直接関係がないかもしれませんが、NVIDIA製のグラフィックボードの場合、

ドライバがバグを起こしているかもしれません。

 

 

 

ゲーム中、突然画面が真っ暗になり、かと思ったら元通りになり

「ディスプレイドライバが応答停止しましたが回復しました」と表示される不具合が起きていました。

 

ドライバのバージョンアップの際、一部の古いファイルと新しいファイルが両方存在してしまうことが起因のようです。

 

上記サイト様の解説の通り、すべての古いファイルを新しいファイルに入れ替えてあげることで改善しました。

システムファイルをいじるので自己責任で。

 

 

ドライバの設定を見直す

 

「NVIDIAコントロールパネル」内の3D設定を環境に合ったものに変えることで改善するかもしれません。

 

NVIDIA_thumb6_thumb[3]

 

特に関連性が高いのが「スレッドした最適化」と「電源管理モード」の項目です。

 

「スレッドした最適」はマルチコアなどに対してグラフィックを最適化する項目です。

一見、最適するのだから問題ないように思えますが、この設定をオフにするだけでカクつきが改善することも。

 

「電源管理モード」を「パフォーマンス最大化を優先」にすると省電力機能がオフになり、常に最大の性能でゲームを実行できます。

 

 

結果

 

私の場合、上記3つはほとんど効果が上がらず、そろそろPCの限界・・・と思ったりしてしまったのですが、

諦めきれなかったので、かなり関係してきそうなドライバの設定一つずつ切り替えては確認して、と繰り返し、

「スレッドした最適化」をオフにすることで改善することが判明しました。

 

パッと見、最適化なのだからどう考えても影響しないよな~なんて思っていていじったことがなかった項目でしたが、

こいつが原因で今まで快適でないゲームライフを強いられていたかと思うと。

 

あくまで私の環境の場合ですので、もし同じ、もしくは別の不具合に遭遇したら設定を洗いざらい調べてみるといいのかもしれません。



当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[ 2013/06/29 11:07 ] 不具合解決 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。