便利なソフトウェア、ウェブサービスなどを紹介しているブログです。

「システム修復ディスク」作成のススメ!

Flame of Heavens HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ファイル復元 > 「システム修復ディスク」作成のススメ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「システム修復ディスク」作成のススメ! 

2013-03-01 18.57.42-1

 

「システム修復ディスク」というのをご存知でしょうか?

 

ある程度パソコンに詳しい方ならご存知の方も多いと思いますが、

今回はこのディスクの重要性について記事にしたいと思います。

 

システム修復ディスクとは

 

その名の通り、システムを修復することができるディスクのことです。

 

普段、データをバックアップするなどしている方は、パソコンが起動すらしなくなった場合の復元方法を考えたことはあるでしょうか?

 

起動できないので、復元のしようがないですよね。

そういった時などに、このディスクを使えば起動できるよう修復、もしくは起動できなくなる前の状態まで復元、

といったことが可能になります。

 

このディスクはWindows 7以降であれば作成する機能があらかじめ搭載されています。

一枚作成しておくといざという時重宝するので、作成しておくことを当ブログではおすすめします!

5分もかからずお手軽に作成できます。

 

続きから作成方法のご紹介です。

 

「システム修復ディスク」はWindowsをインストールディスクにも入っています。

こちらのディスクをお持ちの方は、このディスクを代用することができます。

万が一紛失、もしくは購入したパソコンに付属していなかった方々は自分で作成する必要があります。



システム修復ディスクの作成方法

 

*あらかじめ空のCD、もしくはDVDを用意してください。

 

コントロールパネル「システムのセキュリーティ」内の「バックアップと復元」を開きます。

左端に「システム修復ディスクの作成」という項目があるはずです。

 

キャプチャ

 

*画像はwindows 8のものですがWindows 7でも同様です。

 

キャプチャ2

 

空のディスクをパソコンに挿入し、「ディスクの作成」をクリックすると作成が開始されます。

修復ディスクの容量は150MB前後なので、CDでもDVDどちらでも構いません。

 

あとは完成したディスクにわかりやすく名前などを書いて、保管しておいてください。

 

 

システム修復ディスクの使用方法

 

パソコンが何らかのエラーで起動しなくなってしまった場合、このディスクを入れた状態で起動します。

 

おそらく「Press any key~」といった文字が画面に表示されるので、なんでもいいのでキーを押します。

あとはディスクから修復プログラムが読み込まれ、スタートアップの修復、システムの復元といった項目が表示されるので、

行いたい修復を選択し、画面の指示に従ってください。



当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[タグ未指定]
[ 2013/03/01 19:05 ] ファイル復元 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。