便利なソフトウェア、ウェブサービスなどを紹介しているブログです。

Aviutlで簡単高画質エンコード【市販ソフトより高機能】【本体導入編】

Flame of Heavens HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 動画エンコード > Aviutlで簡単高画質エンコード【市販ソフトより高機能】【本体導入編】

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Aviutlで簡単高画質エンコード【市販ソフトより高機能】【本体導入編】 

やっとこのブログ一番目玉ソフトを紹介することができます。

Aviutlはいろんなフィルタで画像補正をしながらエンコードできる高機能エンコーダーです。

使い方次第では、ニコニコ動画用の高画質動画を作成できたりします。

雄志の方々が作成したプラグインと組み合わせれば市販エンコーダソフトを遙かに超える性能を誇ります。

このソフトは導入がとても大変ですが、一度導入してしまえば簡単にエンコードできます。

今回はAviutl本体の導入方法、設定方法を紹介します。

今後おすすめのフィルタや使用方法を順次紹介していく予定です。

それでは続きからどうぞ。


Aviutlはインストール不要のソフトです。

まず、「Aviutlのお部屋」から最新バージョンをデスクトップに保存してください。
AviUtlのお部屋 - Mozilla Firefox

保存したzip形式のファイルを解凍すると、3つのファイルが入っていると思います。
aviutl99g (2)

このうち、aviutl.exeをクリックすればAviutlが起動します

その前にフィルタプラグインを入れる場所を作成する必要があります。
aviutl99g.jpg
このようにaviutl.exeと同じフォルダに「Plugins」という名前のフォルダを作成してください。
今後フィルタのプラグインはこのフォルダに入れてください。


それではaviutl.exeをダブルクリックし、Aviutlを起動してください。
AviUtl.jpg
これがAviutlの画面です。

まず、「表示」から「再生ウィンドウの表示」と「ツールウィンドウの表示」をクリックしておいてください。フィルタの管理が楽になります。

【ツールウィンドウ】
ツールウィンドウ
ツールウィンドウはフィルタの設定や、有効かを簡単に操作ためのモノです。
*注 自分はたくさんフィルタを入れているので項目が多いです。

【再生ウィンドウ】
再生ウィンドウ
再生ウィンドウは編集中の動画を再生して、どんな感じか確認するためのモノです。


次はAviutlの環境設定をしなければなりません。

「ファイル」>>「環境設定」>>「システムの設定」を選択してください。
システムの設定
一番上の最大画像サイズを上記のように設定してください。
この場合、読み込む動画が解像度1920×1080(フルHD)以下のサイズでないと読み込めないという設定です。これより大きいサイズの動画なんて現在はありませんのでこの設定をおすすめします。


そして2番目の赤丸のところは自分のパソコンのCPUのコア数を入力してください。
core 2 Duoシリーズなら2、core2 Quadシリーズなら4です。自分はcore i7なので8です。
「編集のレジューム機能を有効」にもチェックを入れておいた方がいいかもしれません。



これでAviutlの導入が完了しました。
使い方、おすすめのフィルタなどは今後随時更新していきます。


当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[ 2009/03/26 13:31 ] 動画エンコード | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。