便利なソフトウェア、ウェブサービスなどを紹介しているブログです。

「Windows Live Essentials 2011」をインストールしてみました。

Flame of Heavens HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 管理人のソフト事情 > 「Windows Live Essentials 2011」をインストールしてみました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「Windows Live Essentials 2011」をインストールしてみました。 

 Windows Live Essentials 2011

Microsoftは、無料ソフトウェアをセットにした「Windows Live Essentials 2011」を公開しました。

以前は、「Windows Live おすすめパック」という名前でしたが、今バージョンからは Essentialsに変更されました。
今バージョンはWindows Vista SP2とWindows 7に対応しています。XPには対応していません。

以下のソフトが含まれており、個別に必要なものだけインストールすることも可能です。
  • Messenger
  • フォトギャラリー
  • ムービーメーカー
  • メール
  • Writer
  • ファミリーセーフ
  • Windows Live Mesh
  • Messenger Companion
  • Bing バー
  • Outlook Connector Pack
  • Microsoft Silverlight

メッセンジャーソフトや、画像管理・観覧ソフト、動画編集、ブログ作成、メール観覧といったよく使うであろうソフトがセットになっています。

フォトギャラリーなどをよく利用するので、試しにインストールしてみました。


 Windows Live Essentials 2011

配布ページからインストーラをダウンロードしてきました。


window live_01 



window live_02 



window live_03 



window live_04 



window live_05 



window live_06 


いくつかのソフトは全く利用しないので、インストールしませんでした。



window live_07 

Windows Live フォトギャラリー 2011



window live_08 

Windows Live ムービーメーカー



window live_10 

Windows live メール


今回のバージョンでは、Office 2010のようにリボンインターフェースが採用されています。
リボンが利用しやすいと思っている自分にとっては非常に使いやすい改良といえます。

全体的に使いやすくなったという感じのバージョンですが、以前同様インストールに時間がかかるのと、メールの起動が少し遅いのが気になります。


当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[ 2010/10/01 21:39 ] 管理人のソフト事情 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。