便利なソフトウェア、ウェブサービスなどを紹介しているブログです。

Adobe Flash Player 10.1をインストールしてみました。

Flame of Heavens HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ソフトアップデート情報 > Adobe Flash Player 10.1をインストールしてみました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Adobe Flash Player 10.1をインストールしてみました。 

Adobe Flash Player 10.1

昨日、Adobe Flash Playerの最新バージョン「10.1」がリリースされました。

10.1ではH.264形式の動画を再生する際に、グラフックボードによる再生支援が利用出来るようになりました。
バージョンが0.1上がっただけですが、他にも様々な新しい技術に対応しています。

そして、10.1では32個もの脆弱性が修正されているため、すぐにアップデートしておきましょう。

続きでアップデート過程の紹介をしています。


Internet Explorer以外のブラウザでのアップデート


まず、Adobe Flash Playerの配布ページからインストーラをダウンロードします。

Adobe Flash Player配布ページ
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/


ダウンロードした実行ファイルを起動します。

Adobe Flash Player 10.1 インストーラ


2_20100618194228.png


Adobe Flash Player 10.1 インストール画面

規約に同意し、インストールボタンをクリックします。


Adobe Flash Player 10.1 インスール 完了

2秒もかからずインストールが完了しました。


正常にインストールされたか確認します。

Adobe Flash Playerのバージョンテスト
http://www.adobe.com/go/flashplayerversion_jp


Adobe Flash Player 10.1 バージョンテスト

正常にアップデートが完了したようです。



Internet Explorerでのアップデート


IEでFlash Playerをインストールする場合、Adobe Download Managerというソフトを使い簡単にアップデートできます。

配布ページのインストールボタンをクリックすると上記のソフトが起動し、アップデートが開始されます。

Adobe Flash Player 10.1 Adobe Download Manager

Adobe Flash Player 10.1 Adobe Download Manager 完了

こちらも数秒でインストールが完了します。



Adobe Flash Player 10.1を使用した感想。


アップデート後も今まで通り動画が再生できています。

H.264動画再生中にグラフィックボードの使用率が5%程まで上昇しているのを確認しました。
きちんとGPUで再生支援が行われているようです。

何の不具合もなかったので、みなさんもすぐにアップデートしておきましょう。



当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[タグ] 更新情報
[ 2010/06/18 20:07 ] ソフトアップデート情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。