便利なソフトウェア、ウェブサービスなどを紹介しているブログです。

Google Chromeは軽くて速くて便利な機能が満載! ~Firefoxから乗り換えたワケ~

Flame of Heavens HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ソフトマメ知識 > Google Chromeは軽くて速くて便利な機能が満載! ~Firefoxから乗り換えたワケ~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Google Chromeは軽くて速くて便利な機能が満載! ~Firefoxから乗り換えたワケ~ 

Google Chrome Firefox

管理人は、登場当初から長年Firefoxユーザーでした。

Firefoxの最大の特徴といえば、アドオンで自由にカスタマイズ出来ることでしょう。
多いときには40個以上のアドオンを入れていたこともありました。

これだけカスタマイズして手放せなくなり、他のブラウザに乗り換えるなんて考えもしませんでした。


しかし、今現在メインで使用しているのは「Google Chrome

Chromeもバージョン4から拡張機能「エクステンション」に対応し、Firefoxと同じようにカスタマイズ出来るようになりました。

しかし、拡張機能があるからといって移行した訳ではありません。
ChromeにはFirefoxにはない様々な良さがあり、サブブラウザとして使っていくうちにどんどんその魅力に引き込まれてしまいました。

今回は、Google Chromeの便利さと魅力について紹介したいと思います。


Google Chrome は起動が早い!


ブラウザってたぶん一度起動したら滅多に終了することのないソフトだと思います。
なので、起動にかかる時間なんてブラウザの良し悪しに関係ないと思っていました。

しかし、Google Chromeはとても起動が早い。
他のサイトで何度も紹介されていますが、ほんと早い。


google Chrome 起動時間

こちらは管理人の環境下でのGoogle Chromeの2回目以降の起動時間を測定したものです。
1秒の10分の1に近いスピードで起動しています。

アイコンをダブルクリックしたらすぐに画面が表示されます。

起動時間が早いとブラウザの再起動もすぐに終わるため、ちょっとしたストレスがありません
これが個人的には高評価です。(使い続けて高評価になりました)


ちなみにFirefoxの起動速度は、

Firefox 起動時間

管理人の環境では起動に3秒ほどかかります。
Chromeを使い慣れた今では遅すぎると感じるほどに。

Internet Explorerは1.296秒、Operaは0.269秒程で起動しているようです。

注:各ブラウザを一度起動させ、2回目の起動時間を測定しました。



Google Chromeはウェブページのレンダリング速度が超高速!


起動時間もさることながら、Chromeのもっとも特筆すべき点はウェブページの表示速度でしょう。

Firefoxよりも確実にウェブページの表示速度が速いです。
これはV8というjavascriptエンジンが搭載されているためとのことで、すごく速いです。

初めてChromeを使った時、あまりに早いので一種の感動を覚えました(お世辞ではありません)。

Firefoxも3.6くらいで格段にスピードアップしましたが、個人的にはChromeに一歩及ばずといった感じです。
Google リーダーなどの比較的重いウェブページもサクサク表示してくれるのが乗り換えた理由の一つです。

ちなみに、Operaが最新バージョンで Chromeを超えたみたいですが、個人的には少し表示に突っかかりがあるのが気になります。

google chrome ベンチマーク

Google Chromeのすごいところは、バージョンが大きく上がる度に30%近く高速になっていくところです。
昨日リリースされたバージョン5では、さらに高速化したことが体感できました。



Google Chrome にはメニューバーがなくシンプル!


大抵のブラウザには”ファイル" "編集" "ブックマーク"などの文字が並ぶメニューバーがありました。
現在のFirefoxにもメニューバーが付いています。

個人的には滅多に使うことがないし、メニューバーの縦幅分ウェブページの表示領域が狭くなります。
なのでFirefoxのアドオンを利用し、このメニューバーを表示しないようにしていました。

しかし、Google Chrome には元からメニューバーがありません。

Google Chrome インターフェース

タブバーとアドレスバーしかないシンプルな構造をしています。
管理人はブックマークバーを追加で表示しています。

このメニューバーがないシンプルなデザインが非常に気に入っています

Operaなども最新バージョンではメニューバーを廃止しています。
次期Firefoxでもメニューバーの廃止が決まっているようです。


じゃあ、メニューバーの項目はどのにあるのかというと

Google Chrome インターフェース メニュー

右端の2つのボタンをクリックすることで表示されます。

頻繁に使うことがないのでこのような形でも困りません。



アドレスバーが高機能で便利!


Google Chrome アドレスバー

Google Chromeのアドレスバーは単にURLを入力、表示するためのものではありません。

Firefoxなどには右上にアドレスバーとは別に、検索バーがあります。
Chromeの特徴は、検索バーとアドレスバーが合体していることです。

このアドレスバーが非常に高機能なのです。

キーワードを入力すれば検索バーのように、その文字を検索エンジンで検索することができます。
それと同時に、ブックマークや履歴を検索しキーワードと一致するものをリスト表示してくれるのです。

例えば、管理人の環境で「Flame」と入力下画面が下記画像です。

Google Chrome アドレスバー 入力

このようにブックマークしているサイト、履歴などから「Flame」に関連するものが表示されます。
この場合、ブックマークしているこのブログと過去に管理人が見たこのブログの履歴が表示されています。

星や時計、虫眼鏡のアイコンで履歴なのかブックマークなのかを簡単に見分けられるようになっています。

Google 検索にあるような検索キーワードの候補なども同時に表示され非常に便利です。

ちなみにウェブページのブックマークはアドレスバー左横の☆マークをクリックして行います。



多種多様な拡張機能を簡単に追加できる!


google chrome extensions

Google Chromeもバージョン4から、Firefoxのアドオンにあたるエクステンションに対応しました。

Firefoxでお馴染みの機能を持つものから、Chrome独自の便利さを持つものなど多種多様です。
まだまだ、Firefoxのアドオンほど数はありませんが、日々増え続けています。

この拡張機能で非常にFirefoxより便利な点があります。
Google Chromeでは、拡張機能のインストール後ブラウザの再起動の必要がありません
インストールするとすぐに有効になります。

また、Firefoxでは3.5→3.6のように大幅なバージョンアップが行われると、アドオンが使用できなくなることがあります。
しかし、Chromeではバージョンに関係なく拡張機能が動作してくれるのです。
なので、ブラウザのアップデートもすべて自動的に行われます。


Google Chrome 拡張機能 画面

拡張機能の一覧は新しいタブで開かれます。
個々の設定なども基本的には新しいタブで開かれ、設定できます。

ただ、現時点では拡張機能のほとんどが日本語に対応していません
複雑な設定画面がすべて英語なんていう日本人泣かせの拡張もあります。

これに限っては、もっと日本で拡張機能を浸透させるしかないですね。



シークレットウィンドウ機能が地味に使いやすい!

最近のブラウザには履歴などを一切残さずブラウジングできる機能が搭載されています。

Google Chrome には「シークレットウィンドウ」という機能が搭載されています。

Google Chrome プライベートブラウジング

その名の通り、履歴を残さないウィンドウを開く機能です。
便利なのは、シークレットウィンドウと通常のウィンドウを両立できる点です。

履歴を残さないブラウジングをしながら、通常どうりのブラウジングもできます。
Firefoxはウィンドウ全体が履歴を残さないモードになってしまうため、個人的には不便でした。



Google アカウントで簡単にブックマークなどを複数のパソコンで同期できる!


Chromeではバージョン4から、複数のパソコン間でのブックマークの同期ができるようになりました。

これが非常に簡単で便利なのです。

まず、Google アカウントを持っている人は、IDとパスワードを入力するだけで同期の設定は完了です。
あとは、同期したい他のパソコンでも同じアカウントでログインすれば自動で同期してくれます。

変更は瞬時に反映され、ほとんどラグがないのが便利です。(2台同時に使う人はあまりいないと思いますが)

バージョン5では設定、テーマの同期に新たに対応し、さらに便利になりました。

Google Chrome 同期 設定

同期する項目は自分で選択することも可能です。初期状態では全て同期するようになっています。



Chromeはプロセスが分離しているのでクラッシュしにくい!・・・のだが。


Google Chrome プロセス 分離

Google Chromeではタブごとにプロセスが分離しています。
1つのタブがエラーでフリーズしても他のタブには影響がありません。
そのためブラウザ自体がクラッシュしにくいのだそうです。

クラッシュしない事は良いのですが、ちょっと困った事があります。

タスクマネージャーがGoogle Chrome に占領されてしまうのです。

Google Chrome タスクマネージャー

↑このようにChromeのタスクで埋め尽くされてしまっています。
タスクマネージャーが見にくくなるのがちょっとした欠点ですね。



Google Chrome の全体的な感想とこれから


現在、管理人がFirefoxを起動するのはブログ記事を作成する時だけになりました。
ChromeだとFC2ブログの作成方法が微妙に違って使いにくいのです。

軽くて早いというChromeの特徴は、使い続けるとやめられなくなります
多少Firefoxよりメモリを消費するそうですが、大して気にならない感じです。


今年の末にはFirefoxの最新バージョン"4.0"が登場予定となっています。
インターフェースのデモ画像を見ましたが、Chromeや最新のOperaに近い形になっていました。
Firefoxもメニューバーを廃止し、機能を1つのボタンにまとめるというコンセプトのようです。

個人的にはChromeよりFirefox4のデザインの方がさらに好きです。
たぶん、それまではChromeを使い続けると思いますが、リリースされたらまたブラウザ選びをしなくてはいけませんね。

高機能、高性能になればより快適になるので、みなさんも一度他のブラウザを試してみてはどうでしょうか?


当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[ 2010/06/09 19:40 ] ソフトマメ知識 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。