便利なソフトウェア、ウェブサービスなどを紹介しているブログです。

断片化する前に防止する「Diskeeper 2010」が登場。

Flame of Heavens HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ITニュース > 断片化する前に防止する「Diskeeper 2010」が登場。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

断片化する前に防止する「Diskeeper 2010」が登場。 

top01.png

相栄電器株式会社が発売している有料デフラグソフト「Diskeeper」の最新日本語版「Diskeeper 2010」が登場しました。

11月19日よりダウンロード版を、12月18日よりパッケージ版の提供を開始します。

今回の2010バージョンでは、既存のデフラグ機能の強化のほか、
新機能「IntelliWrite」を新たに搭載しています。IntelliWrite機能はデータを書き込む時点で断片化を防ぐ機能で、管理人が捜し求めてきた機能がついに登場しました。

getspeed(2).jpg

新機能「IntelliWrite」では、ファイルの書き込みをインテリジェントに制御し、最大で85%の断片化を未然に防止するという機能です。はじめに一度デフラグを実行しておけば、あとはこの機能がフラグメントを防ぐことで、常に最適な状態でHDDを使用できるという優れものです。

管理人はデフラグ自体をあまり実行したくない人間(たまにはしますよ)で、OSがデータを書き込む際に断片化しないように書き込んでくれればいいのにと考えていました。このIntelliWrite機能はまさに管理人が捜し求めてきた新機能になります。Diskeeper自体は使用したことがないのですが、金銭的に余裕がでたら2010を購入してみたいと思います。

当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[タグ] ITニュース
[ 2009/11/20 17:13 ] ITニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。