便利なソフトウェア、ウェブサービスなどを紹介しているブログです。

Firefox3.5のJavaScriptエンジンに致命的な貧弱性が見つかったそうです。

Flame of Heavens HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ITニュース > Firefox3.5のJavaScriptエンジンに致命的な貧弱性が見つかったそうです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Firefox3.5のJavaScriptエンジンに致命的な貧弱性が見つかったそうです。 

新しいJavaScriptエンジンを搭載しているFirefox3.5に重要な貧弱性が発見されました。HTMLタグをJavaScriptで処理する際に起こるエラーによって、メモリの内容が破壊されるというもので、この貧弱性を利用した攻撃コードもすでに出回っているようです。

Firefoxの開発元であるMozillaは現在この貧弱性を修正するパッチの開発を進めているそうです。

パッチが公開されるまでに個人が出来る対応は2つあり、1つは「JavaScriptエンジンのJITコンパイラー機能を一時的に無効化」するか、「Firefoxをセーフモードで利用する」ことです。どちらもJITコンパイラーという機能を無効化するもので、Firefoxのパフォーマンスが低下しますが、あくまで一時的な処置として実行しておいた方がいいのかもしれません。

JITコンパイラー機能を一時的に無効化する方法

1. ロケーションバーに“about:config”と入力。

2. フィルタ入力欄に“jit”と入力 。

3. “javascript.options.jit.content”をダブルクリックして、値を“false”へ変更する。



引用元サイト様



当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[タグ] IT情報
[ 2009/07/16 15:27 ] ITニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。