便利なソフトウェア、ウェブサービスなどを紹介しているブログです。

【Glary Utilities機能紹介】Registry Defrag【第6回】

Flame of Heavens HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ソフトマメ知識 > 【Glary Utilities機能紹介】Registry Defrag【第6回】

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【Glary Utilities機能紹介】Registry Defrag【第6回】  

「Glary Utilities」の機能紹介第6回目は「Registry Defrag」機能の紹介です。

【Registry Defragとは】
・不要な項目がたまり断片化してしまったレジストリをデフラグする機能です。
・起動時間、パソコン全体のパフォーマンスの改善に繋がります。


Registry Defrag

使い方は続きから。




【使い方】

*念のためレジストリのバックアップをしておくことをおすすめします。
(Glary Utilitiesのメニュー>>復元センター>>システムの復元タブの「復元ポイントを作成」でバックアップできます。)

*このソフト以外のソフトを全て終了させてからデフラグを実行してください。


①まず、「Glary Utilities」を起動し、「モジュール」タブを選択。その中からさらに「最適化&改良」タブを選択すると「Registry Defrag」の項目が出ますので、これをクリックしてください。
Glary Utilities


②説明に目を通し、「次へ」ボタンをクリックしてください。
Registry Defrag


③他のプログラムを終了してくださいという警告が出ます。他に起動しているソフトがないことを確認し、「OK」ボタンを押してください。
Registry Defrag (2)


④画面全体が薄暗くなり、レジストリのデフラグが実行されます。この間何も操作をしないでください。5分くらいで終わります。


⑤再起動してくださいという画面が出るので再起動してください。再起動後「レジストリのデフラグが完了しました」とう言う趣旨の画面が出たらデフラグは成功です。


プログラムのアンインストールなどをするとどうしてもレジストリが断片化してしまいます。断片化したままでは起動が遅くなったりするので、定期的にレジストリのデフラグを実行することをおすすめします。




当ブログに初めてお越しいただいた方、すでに何度かお越しいただいている皆様。
もし、ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSフィードの登録をよろしくお願いします。



[ 2009/06/14 13:04 ] ソフトマメ知識 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。